高齢出産で育児は大変?

高齢出産で育児は大変?

実際に高齢出産の体験をした人たちに話を聞いてみると、出産よりも出産をした後のほうが苦労したという人が多いです。

 

若い年齢の人よりも体力が衰えてしまっているわけですので、育児も大変だということなのでしょう。ですが、若い女性よりも高齢の女性よりも心に余裕を持っている人が多いものです。いくら体力があっても、精神的に余裕を持っていなければ、育児をしていくことは難しいのです。

 

育児をするときのほうが、体力を使うと答える人が多いものです。育児をしていると、体力があるうちに出産をしておけばよかったと考える人も少なくありません。

 

赤ちゃんは、昼夜を問わずに世話をしてあげなくてはなりません。ですから、夜中であっても起きなくてはならないですよね。若い頃であれば、赤ちゃんを寝かせてからまた寝ることも出来るでしょうが、高齢になってくると一度起きてしまったら、なかなか寝ることが出来なくなってしまうものです。これによって、だんだん体力も回復しなくなり、疲労を積み重ねていくことになります。

 

そして精神的に余裕がなくなってしまって、マタニティブルーになってしまいやすくなるということもあるのです。この他にも、高齢出産をする女性の場合、母乳が出にくくなってしまうと考える人も多いです。確かに、若い女性と比べると高齢の人は母乳が出にくいという数字もあります。

 

また、高齢出産をした女性の中には働いていて、なおかつ役職も任されているという人も少なくありません。ですので、母乳ではなく粉ミルクのほうがいいと考えている人も多いのです。粉ミルクばかり飲ませていると、母乳が出にくくなってしまいます。

 

また、母乳の出が悪いということでストレスを感じるようになり、そのストレスによって母乳がさらに出にくくなってしまうということもあります。若い人でも母乳が出なくて悩んでいる人も多いです。反対に高齢だとしても、母乳が大量に出るという人もいるのです。

 

高齢の女性のほうが母乳が出にくい人は確かに多いのですが、高齢だから絶対に母乳が出にくくなるというわけではありません。それに、母乳が出にくくなってしまっているのであれば、食事制限をしたり、母乳が出やすくなるようにマッサージをしていくと改善できるかもしれません。

 

育児というのは年齢に関係なく大変なものです。話では聞いていたとしても、実際に育児をするとなるとイメージをしていたよりも大変だということも多いでしょう。そのため、イライラが募ってしまうこともあるかもしれませんが、赤ちゃんが泣いていたとしても、決して子供に当たらないようにしてください。