卵子は老化するが活性化させることは可能

卵子は老化するが活性化させることは可能

30代になってくると、だんだん妊娠しにくくなってしまうとされています。私は結婚をしたのが35歳で、そこから妊娠しようとしたのですが、なかなか妊娠することが出来ませんでした。

 

私の場合は、卵子が老化してしまったことで妊娠する力が弱くなってしまっていたことが原因だったようです。検査を受けてみても、卵子が活発に活動していないということが分かりました。

 

妊活というのは、自分だけではなく夫とも二人三脚で行っていかなくてはなりません。ですので、夫も検査を受けています。

 

夫も検査を受けた結果、夫の精子の運動量は高いことが分かりました。さらに精子の量も、30代の男性の平均よりも多かったです。

 

逆を言えば、夫には何の問題はなく、私の卵子に問題があるということです。私の月経周期にあわせて性交渉をすれば妊娠しやすくなるはずなのですが、卵子が老化してしまっているため、スムーズに妊娠することが出来なかったのです。

 

私の体自身も最近、衰えてきていることは感じていました。少し体を動かしただけでも疲れてしまいますし、一度疲れたら疲労がしばらく続いてしまいます。

 

なお、必ずしも30代になったら皆妊娠しづらくなってしまうというわけではないようです。30代を過ぎてから妊娠をして出産をすることに成功している人は大勢います。30代以降は、妊娠しにくくなるといっても、妊娠できる可能性が0%になるというわけではないのです。

 

30代を過ぎて、40代が近くなってから出産を希望するのであれば、いかにして卵子の老化を防いで活動しやすくするのかを考えるようにしなくてはならないでしょう。卵子の活動を活発にするための方法というのはいくつか考えられます。

 

例えば男性と女性の生殖機能を高められるような栄養素や成分を摂取したり、性ホルモンの分泌を促す、ミトコンドリアの活動を活発にさせる成分を摂取するという方法などがあります。

 

最近は、妊活に適している栄養素が配合されているサプリメントも登場しています。例えば、少し前までは、マカが配合されているサプリメントが人気になっていました。最近は、マカ以外にも、イースタティックミネラルという栄養素が配合されているサプリメントが注目されてきています。

 

このような栄養素が配合されているサプリメントを摂取しながら妊活のサポートすることで、卵子の活動を活発にして妊娠しやすくすることも出来るようになるかもしれません。

 

ちなみに、妊活に良いサプリメントというのは、女性だけが摂取することが出来るというものではなく、男性も摂取することが出来るようになっています。性機能やミトコンドリアの活動を高めたり、性ホルモンの分泌を促してくれる栄養素というのは、男性の生殖機能も高めたり、精子の活動量をアップさせてくれるということが研究でも分かってます。ですので、女性だけ摂取するのではなく、夫婦どちらも摂取するようにしたほうが、結果として妊娠しやすくなるかもしれません。