クエン酸の働き

クエン酸の働き

レモン、梅干し、オレンジなど「すっぱさ」を感じる多くの果物や食べ物には「クエン酸」が含まれています。この「クエン酸」には、人間の体を健康にする、様々な働きがあります。

 

その働きは主に以下の通りです。

 

■疲労回復します
■抗菌作用があり、食中毒などを予防します
■体内の老廃物・余分な脂肪を分解します
■胃腸の運動を活発にして、便秘解消になります
■胃腸を活発にすることで食欲不振が改善されます
■唾液をサラサラにする、唾液の分泌を促進させることで食欲不振が解消されます
■尿酸値の減少させます
■尿路結石の予防します
■ビタミンB群やの吸収促進します
■ミネラルの吸収促進します

 

以上に挙げたように、クエン酸の働きは多岐に渡ります。クエン酸は、まさに人間の健康管理に欠かせない成分だということが分かります。

 

だからといって、クエン酸だけを過剰に摂取するのはあまり良いことではありません。クエン酸だけを摂取するのではなく、ビタミンやミネラルなどを一緒に摂取することで、他の成分の吸収を促進することも分かっています。

 

クエン酸だけを摂ろうとして、サプリを飲んだり、クエン酸水ばかりを飲むのではなく、クエン酸を含む様々な食材を食べて、健康的な体を目指してください。また、クエン酸を含む/含まないに関わらず、色々な食べ物をバランス良く食べることが、健康にとって最も良いといえるでしょう。

 

高血圧と診断されたら、この高血圧というのは、どのように解消させるようにすればいいのかというと、まず運動をするようにしてください。運動をすれば、血液も循環しやすくなりますし、心肺機能も向上していくことになります。ですから、高血圧に対して有効になっているのです。

 

事実、高血圧になっている人というのは、運動不足になっている人が多いですから、有酸素運動を実践して運動不足を解消し、血圧を下げるようにしてください。反対に無酸素運動といわれる運動は、体への負荷が大きくなってしまい逆効果になりますからしないようにしましょう。

 

運動だけでは効率的な血圧対策にはなりませんので、同時に高血圧改善に良い食事も取り入れていきましょう。