年数・平均サイクルでみる車買い替えのタイミング

年数・平均サイクルでみる車買い替えのタイミング

車の買い替えの年数といったら、平均はどれくらいなのでしょうか。新車を買っている人であれば、その人によって走行年数の距離が違ってきますし、そうなると車の劣化スピードも変わってきますから、車の買い替えの時期はばらばらになると思います。

 

10年乗る人もいるでしょうし、壊れるまで乗る人もいるでしょう。少なくとも最初の車検が終わってから売ると人も少ないと思います。どうしてもお金がないという人は売ることもあるかもしれませんが、これは現実的ではありません。

 

予想以上にコストがかかってしまい、維持できないと言う人が新車から早い年数で買い替えをする人だと思います。これが中古車になると、大分話は変わってくるもので、買い替えの平均年数は2年くらいと考えてもいいと思います。これは、中古車そのものがよほど新しいものでないと長く乗る人が少なく、買い替えのサイクルも早いからです。

 

年式の古い車だと、どうしても車検代も高くなってきますし、維持費もかかってきます。これを回避するには、車検を避けて買い替えを繰り返すことです。こちらのほうが最終的にかかる金額が安くなることが多いのです。

 

中には、2年ごとに車を買い替えることが楽しみという人もいるでしょう。これは維持費等の面から考えることであって、実際のサイクルや買い替えの年数の平均などはその人個人によってさまざまです。仮に買い替えを検討しているのであれば、今かかっているコストなどを計算して、一番ベストな時期に買い替えをするべきだと思います。