糖尿病予防ににんにく卵黄

糖尿病予防ににんにく卵黄

糖尿病は生活習慣病の1つといわれて、主に血糖値が高くなる症状をもつ病気です。糖尿病の主な原因は食事から補った栄養素をうまく吸収できないことことにあります。また運度不足や肥満、ストレスも原因とされています。

 

ブドウ糖は食べ物を消化して作られますが、身体を動かすエネルギー源となるものです。正常な身体の人は、ブドウ糖が血液とともに流れ、各細胞に運ばれた後、筋肉やすい臓で使われます。このブドウ糖が血液中に含まれている量を、血糖値して数値化しています。

 

この血糖値が上がることで糖尿病と診断されますが、血糖値が上がる理由は、ブドウ糖が各細胞に運ばれなくなってしまい血液中に溢れかえってしまうためです。

 

そんな血糖値を下げることができる唯一の成分がインスリンです。インスリンは糖尿病に大きく影響します。運動不足や食べ過ぎ、肥満、ストレスなどでインスリンは減少してしまいます。

 

なのでこれらの生活習慣を続けているとインスリンが減少することで、ブドウ糖が血中に溢れ血糖値が上昇。そして溢れ出たブドウ糖が代謝しきれずに尿と一緒に糖が排出されます。

 

糖尿病が怖い病気だと言われる理由は、糖尿病そのものの症状というより、そこから網膜症や腎病、神経障害を引き起こす原因となるからです。その病気だけで収まらず、いくつもの病気が連鎖するのが糖尿病をはじめとする生活習慣病の怖さなのです。体が病巣にならないためには、まず糖尿病を防ぐことが大切です。

 

にんにくは糖尿病に効果的
糖尿病を予防したい人、もしくは糖尿病になってまった人にもオススメしたい食材がにんにくなのです。にんにくには、血液中の血糖とグリコーゲンなどの糖代謝を促進する作用があります。

 

にんにくに含まれているビタミンB6は、糖尿病からくる合併症のひとつ「神経障害」の予防に効果があります。亜鉛は、血糖値を下げる働きを持つインスリンの分泌や生成をサポートするため、血糖値の調整をしてくれます。アリシンとビタミンB1が糖の代謝を助けます。ビタミンB1だけでも糖を分解しますが、アリシンと一緒になることでより長く体内に蓄積し、その結果より糖の代謝活動を促してくれるのです。